彼らの表現技巧、方法、および、流儀
なにかあれば、TB、コメントetc……してやってくださいね。リンクもフリーです。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
へぇー、こんな人なんだね~
2006年 09月 13日 (水) 18:03 | 編集
平田さんのブログが、なんていうかリアルタイムのおもしろさがあって、一昨日から結構更新に気付いたら見ています。

以下反転にはしてないですが、結構きついこと云ってるので注意した方がいいんだろうな……って感じです(笑)
今日は吹替で、私も知っている映画を吹替された声優さんとのお仕事だったようです。
問題はこの声優さんの吹替映画、私と旦那とで吹替版エラいだめ出しをしていたってことです……

最初映画館で字幕でみてとても好きで……DVD買おうね……って行ってたくらい私も旦那も好きなんですよ。
私の実家に吹替版のDVDがあったので、旦那と二人で見たんですが……

脚本も字幕のが意味を考えさせて良かったし、考えさせる余白もあったし……
吹替えされてる役者さんの演技もなんだかねぇ……って感じで、この映画に関しては字幕版でいいね……っていうことになっていて、この吹替されてる役者さんは、当てにはするまい……と思ってしまったくらいでしたね(笑)
とくに酷いのはヒロインの方の役者さんだったんですが、主人公も微妙に及第点足りず……なんですわ……もう。

私が大好きな俳優の映画だったから、特にねぇ……はぁ……

で、今日のそのブログに出ていらっしゃる方だったのですが……
すげー、役者さんがコメントつけてるっ!!
とか思ってですね。
ほんと、びっくりしました。

たぶん、こういうことでもないと、その吹替版映画のイメージできっとあんまり寄りたくない微妙に棒な役者さんだったと思いますが、まぁ、いいか……みたいな(笑)

げんきんなもんです、はい。

次回、その役者さんの吹替映画に当たることがあるかもしれないけど、そんな嫌と思わずにみようと思いました……

でも、オーリーは石田さん吹替でみたいんだよなぁ……
私。
スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 彼らの表現技巧、方法、および、流儀 all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。